GARYO’S BAR

【臥龍的酒場】・軽佻浮薄・種々雑多
 
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
RE-TRACKBACK
G R E M Z
himekuri
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< LILANの・・・定位置 NEW | main | 3歳なのに甘えっ子・・・LILAN >>
光 道尾秀介
道尾秀介
光文社

光
光 道尾秀介

少年の心を書かせたら・・・道尾秀介はうまいなぁ

ジュブナイル的でノスタルジー的だけれど・・・

道尾小説以外の何物でもありません・・・堪能
| BooK | 18:59 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://garyo.jugem.jp/trackback/2353
「光」道尾秀介
あのころ、わたしたちは包まれていた。まぶしくて、涙が出る――。 都会から少し離れた山間の町。小学四年生の利一は、仲間たちとともに、わくわくするような謎や、逃げ出したくなる恐怖、わすれがたい奇跡を体験する。 さらなる進境を示す、道尾秀介、充実の最新作!
| 粋な提案 | 2013/10/08 11:53 AM |